So-net無料ブログ作成
ライトノベル ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ソードアートオンライン 9 アリシゼーション・ビギニングの感想 [ライトノベル]

 ソードアートオンライン 9 アリシゼーション・ビギニングの感想です。

ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 文庫
 
 
 
 
 
 海外ドラマで言うところのシーズン4でしょうか。一番支持が高いとかなんとか記載もあり楽しみにしていたのですが・・・この本の冒頭のプロローグなんですが、幼い頃のキリトと他二人との話があり意識が飛びそうになりました。改めて見ると99ページあります。なかなか苦しかったです。必要なプロローグというのはあとでわかるのですがちょっとつらかったですね。
 
さてお話の方ですが、プロローグの後に現実世界で「量子脳力学」の話が出てきます。いつもながら怪しいバイトでその方面のようなことをしているようです。まったく主人公は巻き込まれ役がはまり役と言った感じです。そして例の死銃事件の逃亡犯についに遭遇・・・目を覚ましたらプロローグにあった世界だった・・・・

そして作者もあとがきで書いていますレベル1からスタートで始まりMMORPGの世界観っぽいんだけど超リアルで激しい痛みがあり、ログアウトの手段がさっぱり無かったり、なぜかソードスキルがあったりの・・・ファンタジー世界を満喫しつつMMORPGの客観的なプレイヤーの立場の主人公が読めます。

死銃の逃亡犯との遭遇は胸糞悪いですが、ゲーム?の世界の主人公の立場を読者が客観的に感じるのは、「大丈夫だろ?」、「どうせ現実死は無いし?」、「みんなNPCだからキャラが死んでも心痛なさそうな?」ということでアインクラッド編よりは、全然余裕でストレス無く読めます。
 
面白かったかと聞かれたら、まあ面白かったと答えます。次巻も買うかと聞かれたら買うと答えます。 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

エスケヱプ・スピヰドの感想 [ライトノベル]

 エスケヱプ・スピヰドの感想です。

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)

  • 作者: 九岡 望
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 文庫

 昨年の電撃大賞の受賞作です。面白いらしいというので買って読んでみました。
 表紙はが少し地味?な感じです。女キャラを前面に押し出していないところがひょっとして面白さのバロメーターだったりして。作中でも指摘されている主人公 九曜の朴念仁ぶり(あれですよ、アニメのコードギアスのあいつの口ぶりで鼻に付くかんじの。または劣等生の主人公もこんな感じかな)と周りとのギャップが面白さのポイントでしょうか。昔の1~8番までいた鬼虫たちの回想を織り交ぜながら、「戦うとは何か」をテーマにした作品です。

面白かったかと聞かれたら、面白かったと答えます。次巻が出たら買うかと聞かれたら買うと答えます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

狼と香辛料 第4巻の感想 [ライトノベル]

 狼と香辛料 第4巻の感想です。

狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)

  • 作者: 支倉 凍砂
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 文庫

  旅を続けるホロとロレンス。二人の距離は縮まっているのですがロレンスが折れないというか引き続き警戒?している状態です。今回の商売は、クッキー。最後の最後でロレンスの面目躍如というかお話の9割は、ホロの故郷を記した可能性のある本の話と滞在している村の取引契約問題。さらさらっと書いています。

面白かったかと聞かれれば、面白かったと答えます。次巻も買うかと聞かれれば買うと答えます。

 


タグ:狼と香辛料
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

僕と彼女のゲーム戦争 第2巻の感想 [ライトノベル]

 僕と彼女のゲーム戦争 第2巻目の感想です。

僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)

僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)

  • 作者: 師走 トオル
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/12/10
  • メディア: 文庫

 現代遊戯部に所属し日々ゲームに勤しむ主人公岸嶺と部長天道、表紙になっている杉鹿、変態教師瀬名の淡々とした日常が前半続きます。後半でようやく杉鹿絡みの問題が発生し、前巻で登場した権田原が敵の助っ人として登場します。

 さて、岸峰、天道、杉鹿の三角関係に発展かという展開が次の巻でなされるのかは、ともかく岸峰が相変わらず空気のような草食男子のため、読者はため息を漏らします。ゲームに夢中になるとすごい才能を発揮するところまでは良いのですが・・・それだけなのです。ゲームの延長で現実でもすごい男に豹変?するのはいつなのでしょうか?格闘ゲーム中にリアルファイトになってバッタバッタとマッチョを投げ飛ばすことを期待しているのですが・・・淡々とFPSゲームを攻略していてなんだかなあです。1巻目と同様に舞台設定もゲームが舞台ですからお安いなあと言う気がして。(ゲーム会社との調整は半端じゃない気もしますが・・・)次の巻で望むことは、天道と恋愛関係になるだけでなく、「主人公が、おおすごいことになっている」と読者が感想を漏らすことを作者に期待します。

面白かったかと聞かれたら、まあまあと答えます。次巻を買うかと聞かれたら様子見です。ささやかなエッチも良いですが(中高生向け文庫だからか)、底が見えてしまうのも早いと感じます。ゲームに没頭する少年が同じゲームを趣味に持つ少女たちとのドキドキ感が売りなのかなと。(遅いと突っ込まれるのもあれですが・・・ミエミエだよっともう1人の自分がいたりします。)先にも書きましたが主人公次第ですね、次を買うのは。ネットでの書評を見てから買うか買わないかを判断します。


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ソードアートオンライン 8 アーリーアンドレイト感想 [ライトノベル]

 ソードアートオンライン 第8巻 アーリーアンドレイトの感想です。

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/08/10
  • メディア: 文庫

 短編集です。と言っても3編しか入っていません。町の中でPKが起きてそれをキリトとアスナが事件解決に奔走する「圏内事件」のお話、そして、「聖剣エクスキャリバー」 を取得するクエストのお話、最期にアインクラッド第一層「はじまりの町」のお話です。SAO内のお話を読むと、毎回重いなと思うんですよね。生と死が隣り合わせのゲームなので読者も暗くなってしまいます。キャリバーについては、誰も死にませんから安心して読めます。あえて言うとその安心さから、物足りなさも出てしまいます。話を戻して・・・ALOの話でGGOで知り合ったシノンが弓使いでパーティを組んで一緒に行動を共にします。なかなかいいところをシノンが持っていきます。ところで、このキャリバーのお話ですが、あとがきにあるようにバッドエンディングのケースのお話が、電撃文庫MAGAZINE2011年7月号に別冊付録として掲載されています。いわゆるクラインが女性を助けなかった場合のお話です。

面白かったかと聞かれたら、まあ面白かったと答えます。先にも書きましたがSAO編は、適度なストレスを感じます。ALOのお話は、安心して読めるけどなにか物足りない。別冊は、GMも出てきてちょっと楽しいかなと思わせました。

次巻も買うかと聞かれたら買うと答えます。次から「アリシゼーション編」ですか


タグ:SAO
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

とある飛空士への恋歌 全五巻まとめ感想 [ライトノベル]

 とある飛空士への恋歌の感想です。第1巻~第5巻全部を読んだ感想をまとめてお送りします。

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/02/19
  • メディア: 文庫

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/07/17
  • メディア: 文庫
とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 文庫
とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/08/18
  • メディア: 文庫
とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/01/18
  • メディア: 文庫
 前作「追憶」の数年後のお話で前作の主人公はちょっとしか出てきません。ファナもほんの少し。この全五巻は、別の国の皇子が、革命で落ちぶれ、その革命の旗印の少女を憎みでも実際は恋をしてしまい、最後は大人になるというお話です。そして魔物アリーメンががが。

面白かったかと聞かれたら、まあ面白かったと答えます。主人公が彼女が敵国へ人質となるというのに相変わらす自分のことしか考えていなくて・・・・前作と主人公男女の心の葛藤がひっくり返った関係ですので余計に主人公に感情移入できなくて・・・・もちろん作者が地の文でフォロー入れていますが、ちょっとなあでしたよ。
 戦闘シーンは相変わらず圧巻でした。とくにライトノベルで仲間が死んでいくと言うのは私の手元のライトノベルではグインサーガを除いて初めてですね。2巻に登場した飛空学校の生徒の一クラスが丸ごと・・・・いやあやってくれますね。お墓にみんなで集まったときは涙がホロホロ来ますよ。ところで、この作品では彼女を奪還する作戦に出発するところで終わります。 そしてこの作品の世界の謎はまだ解明が終わっていないわけで・・・作者は、続き書くのでしょうか?「風呼びの少女が空の一族を新たな世界に導くだろう」って「新たな世界」って伏線張ってますからね。

次巻は買うかと聞かれたら買うと答えます。後2冊で追いつく。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

とらドラ! 第1巻目の感想 [ライトノベル]

 とらドラ! 第1巻目の感想です。

とらドラ!1 (電撃文庫)

とらドラ!1 (電撃文庫)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2006/03/25
  • メディア: 文庫

 これまたジャンルが突飛ですが、なんか違ったものが読みたい系になってしまっているのでラブコメものを買ってみました。すでに完結しているしアニメも1話だけはどっかで見たのですが続けて見ることはありませんでした。なのですが・・・・
 目つきが父親譲りで不良と誤解を受けやすい外見の主人公とドジっ子だが絡まれると烈火のごとく大暴れするヒロインとのお話。(主人公のキャラがなんか「はがない」の主人公と被るなあとおもったけど、あっちの方が後の作品ですな・・・)ヒロインの告白を手伝ううちにお互いが引かれていくというよくあるありきたりなお話と感じましたが、最後まで一気に読んでしまいました。途中主人公が超能力を1回だけ使うのですけど。使わなくても話の流れから問題ない気がしましたが。そもそも超能力が必要な話ではないような気がしましたが・・・?

面白かったかと聞かれたら面白かったと答えます。次の巻は買うかと聞かれたら買うリストに入れておくと答えます。アニメ1話で2話目見るかと聞かれたら微妙な空気が流れましたが、この本だけは1冊読むと続きが読みたくなりますね。合格です(個人的に)。自分が中学生だったらニヤニヤしながら読んでしまいますなあ。うちのの上さんが病院の待合室や電車の中がくたびれると言うので、最近ライトノベルを手渡しています。次読むのこれにしなさいと推奨しておきました。シャナっぽいの好きだし。それにしても10巻もあるのか・・・・長いな。


タグ:とらドラ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

とある飛空士への追憶の感想 [ライトノベル]

 とある飛空士への追憶の感想です。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: 文庫

 なんか違ったものが読みたいなあと思って、数年前に話題になっていたような気がしたこの本を読みました。主人公は底辺を彷徨った傭兵飛空士。ヒロインは皇子の許婚。ヒロインを大瀑布を超えて自国に連れ戻す作戦の話です。最初の30ページでなんか引き込まれて、主人公とヒロインとの心のふれあいと戦闘シーンが売りの本というか戦闘の描写は素晴らしく良く描かれています。ヒロインが幼い感じがしていましたが、最後の最後で大人になります。

面白かったかと聞かれたら面白かったと答えます。次巻は違う話だが買うかと聞かれたら買うと答えます。たぶん一気に大人買いしそうな勢いです。魂を揺さぶられたかも。

これアニメ化したんだよねえ。ひょっとしたらハードカバー出るんじゃないのかと思っていたら、今回買った文庫本の追憶は加筆された新装版がすでに売ってあるらしく・・・文庫本読み終わった後に文庫カバーを捲ってようやく気づいた次第で・・・しまった。遅かった。まあ新装版も買えと天の声が聞こえてきそうです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビブリア古書堂の事件手帖 2巻目の感想 [ライトノベル]

 ビブリア古書堂の事件手帖 2巻目の感想です。

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 文庫
 ビブリアの2巻目が発売になったので早速購入、3日で読了しました。引き続き読み安いです。内容的には3話あり、1話目、ハヤカワの「時計仕掛けのオレンジ」の完全版と昔の版の話。完全版には一章追加されて、小説の主人公のその後が書いてあると言う。むむ。2話目、司馬遼太郎がサラリーマン時代に書いた「名言随筆 サラリーマン」や、司馬の推理小説「豚と薔薇」の話と本編の主人公の昔の彼女登場。司馬の本は知らない人が知ったら読んで見たいと思わせる内容なので、これ読んだあと、古書店の価格が上昇を始めているのではと勘繰ったり。3話目は、藤子不二夫の「UTOPIA 最後の世界大戦」です・・・あれ?漫画ですけど?。

面白かったかと聞かれれば、面白かったと答えます。次巻も買うかと聞かれれば、買うと答えます。古書に纏わる話なので、古書そのものに興味を抱かせる内容です。登場した古書が本当に読みたくなると言っておきましょう。読後にGoogleしまくりでした・・・。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

魔法科高校の劣等生 入学編 の感想 一部ネタバレあり [ライトノベル]

 魔法科高校の劣等生 入学編(上、下)の感想です。

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)

  • 作者: 佐島 勤
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 文庫
魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)

  • 作者: 佐島 勤
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/08/10
  • メディア: 文庫

 上巻、下巻同時に購入し一気に読みました。
 世の中の売れすぎランキングで上位に来るし、元々はWeb小説だったりということで情報源を頼りにWebにも行ったのですが無料なものは興味を引く内容で無ければ読まないしWeb漫画は読めるが小説となると青空文庫の短編ぐらいで長編をWeb上で読むとなるとスマートフォンでなければ読む時間も限られ、印刷した方がよいしれませんがそこまでして読む水準かどうか判断が出来ないため一文字も読みませんでした。つまりWebを眺めただけです。(←ここ重要)
 で、買って読んで見ることにしたわけです。
 では感想。
 題名の「劣等生」は、魔法社会における制度上の歪みから見た場合を表していて決して主人公が現実の劣等生つまり「落ちこぼれ」を意味していません。さらに主人公は最初から強いです。知力、体力しゃれにならないと思います。魔法についても制度上の魔法能力では低いと判断されるようですが、しかし魔法補助装置と言ってい良いかもしれないCADをチューニングまたは活用して魔法能力の低さを補い、対等以上の戦いをします。ただその強さの根源や、出生の秘密は上下巻では明らかにされません。兄と妹は小説の中でもベタベタで変な妄想を周りがしてしまうことも書かれていますが主人公は決してその状態には陥らず、さわやかに妹でなかったら云々としゃあしゃあと語ります。それで良いのかと突っ込みを入れたくなり二人の将来がとっても心配だと読者は思うのですが・・・・

面白かったかと聞かれたら、面白かったと答えます。読みやすかったかと聞かれたら久しぶりに、サラサラ読めました。正直ほっとしています。続きを買うかと聞かれたら買うと答えます。主人公が達観していてクールだが親近感が湧くかと聞かれたら、全く湧かない。ひょっとしたら挑んでみたいと考えます。この小説の兄と妹の関係をどう見るかと聞かれると、不快です。健康的な男女と思えません。しかし妹はともかく兄が達観しているのでいやらしさは少ないです。ただし妹の髪の毛触るのは、気持ち悪く映ると考えます。その癖は早く直した方が良いですよとアドバイスをしたくなりました。

次も上下巻構成のようですから上下で読んだ方が良いと考えます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | 次の10件 ライトノベル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。