So-net無料ブログ作成

ソードアートオンライン 9 アリシゼーション・ビギニングの感想 [ライトノベル]

 ソードアートオンライン 9 アリシゼーション・ビギニングの感想です。

ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈9〉 (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 文庫
 
 
 
 
 
 海外ドラマで言うところのシーズン4でしょうか。一番支持が高いとかなんとか記載もあり楽しみにしていたのですが・・・この本の冒頭のプロローグなんですが、幼い頃のキリトと他二人との話があり意識が飛びそうになりました。改めて見ると99ページあります。なかなか苦しかったです。必要なプロローグというのはあとでわかるのですがちょっとつらかったですね。
 
さてお話の方ですが、プロローグの後に現実世界で「量子脳力学」の話が出てきます。いつもながら怪しいバイトでその方面のようなことをしているようです。まったく主人公は巻き込まれ役がはまり役と言った感じです。そして例の死銃事件の逃亡犯についに遭遇・・・目を覚ましたらプロローグにあった世界だった・・・・

そして作者もあとがきで書いていますレベル1からスタートで始まりMMORPGの世界観っぽいんだけど超リアルで激しい痛みがあり、ログアウトの手段がさっぱり無かったり、なぜかソードスキルがあったりの・・・ファンタジー世界を満喫しつつMMORPGの客観的なプレイヤーの立場の主人公が読めます。

死銃の逃亡犯との遭遇は胸糞悪いですが、ゲーム?の世界の主人公の立場を読者が客観的に感じるのは、「大丈夫だろ?」、「どうせ現実死は無いし?」、「みんなNPCだからキャラが死んでも心痛なさそうな?」ということでアインクラッド編よりは、全然余裕でストレス無く読めます。
 
面白かったかと聞かれたら、まあ面白かったと答えます。次巻も買うかと聞かれたら買うと答えます。 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

エスケヱプ・スピヰドの感想 [ライトノベル]

 エスケヱプ・スピヰドの感想です。

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)

エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)

  • 作者: 九岡 望
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: 文庫

 昨年の電撃大賞の受賞作です。面白いらしいというので買って読んでみました。
 表紙はが少し地味?な感じです。女キャラを前面に押し出していないところがひょっとして面白さのバロメーターだったりして。作中でも指摘されている主人公 九曜の朴念仁ぶり(あれですよ、アニメのコードギアスのあいつの口ぶりで鼻に付くかんじの。または劣等生の主人公もこんな感じかな)と周りとのギャップが面白さのポイントでしょうか。昔の1~8番までいた鬼虫たちの回想を織り交ぜながら、「戦うとは何か」をテーマにした作品です。

面白かったかと聞かれたら、面白かったと答えます。次巻が出たら買うかと聞かれたら買うと答えます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

なんとEQ1が無料だって! [EQ]

 なんて私は、情報が疎いのか(地震にドキドキしている間に世の中は進んでいるんだね。)と思えてならない今日この頃。EQ1が無料になるとアナウンスされてエエエエエエエエと。
http://www.everquest.com/free/ 

 ちなみに私は、EQ1のアカウントは、去年12月から再び課金停止中。なんか遊ぶ時間と諸々の事情を扱う時間の両立が難しくなったので厳しいなあと。

 しか~し無料というニュースにしばらくぶりSOEサイトに行き(ああ~SOEの戦略なんだね。昔のプレイヤーは絶対見に行くよね)、さらに既存プレイヤー(Gold)には、毎月500円分のStationCashが貰えるとかなると、なんかニヤっと笑って課金を再開しそうな気持ちがぐらぐら。
 500SCで何買うかというとやっぱExpPotionしか無いわけで・・・おしゃれのみGoodsは100%無視しているわけで、超速の乗り物もあんま気にしていなくて・・・Expanisionについて来る駄馬でもいいじゃないですか!座るアクションが必要無くて最高です。

 既存プレイヤーの一番のメリットは500SCが毎月貰える所ではないと思うのですよ。フリーでやってくるNewbieと遊べるところですよ。自分の低レベルのキャラを苦痛の何者でもないPL以外で遊べるんですよ。これって最高じゃないですか。さらに懐かしい「くれくれ君」たちが復活するんですよ。
 「しょうがねえなあ」と思いながらクッパーをごっそり渡して、くれくれ君を動け無くした、あのナツイ時代が心に蘇ります。(いまじゃお金に重さがなくなったのでできませんが)

 で、私は復活するのかと問われれば、ちょろっと復活してみるかも知れず。まずはうちの財務省と相談です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。