So-net無料ブログ作成

僕と彼女のゲーム戦争 第2巻の感想 [ライトノベル]

 僕と彼女のゲーム戦争 第2巻目の感想です。

僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)

僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)

  • 作者: 師走 トオル
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/12/10
  • メディア: 文庫

 現代遊戯部に所属し日々ゲームに勤しむ主人公岸嶺と部長天道、表紙になっている杉鹿、変態教師瀬名の淡々とした日常が前半続きます。後半でようやく杉鹿絡みの問題が発生し、前巻で登場した権田原が敵の助っ人として登場します。

 さて、岸峰、天道、杉鹿の三角関係に発展かという展開が次の巻でなされるのかは、ともかく岸峰が相変わらず空気のような草食男子のため、読者はため息を漏らします。ゲームに夢中になるとすごい才能を発揮するところまでは良いのですが・・・それだけなのです。ゲームの延長で現実でもすごい男に豹変?するのはいつなのでしょうか?格闘ゲーム中にリアルファイトになってバッタバッタとマッチョを投げ飛ばすことを期待しているのですが・・・淡々とFPSゲームを攻略していてなんだかなあです。1巻目と同様に舞台設定もゲームが舞台ですからお安いなあと言う気がして。(ゲーム会社との調整は半端じゃない気もしますが・・・)次の巻で望むことは、天道と恋愛関係になるだけでなく、「主人公が、おおすごいことになっている」と読者が感想を漏らすことを作者に期待します。

面白かったかと聞かれたら、まあまあと答えます。次巻を買うかと聞かれたら様子見です。ささやかなエッチも良いですが(中高生向け文庫だからか)、底が見えてしまうのも早いと感じます。ゲームに没頭する少年が同じゲームを趣味に持つ少女たちとのドキドキ感が売りなのかなと。(遅いと突っ込まれるのもあれですが・・・ミエミエだよっともう1人の自分がいたりします。)先にも書きましたが主人公次第ですね、次を買うのは。ネットでの書評を見てから買うか買わないかを判断します。


 


ソードアートオンライン 8 アーリーアンドレイト感想 [ライトノベル]

 ソードアートオンライン 第8巻 アーリーアンドレイトの感想です。

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈8〉アーリー・アンド・レイト (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/08/10
  • メディア: 文庫

 短編集です。と言っても3編しか入っていません。町の中でPKが起きてそれをキリトとアスナが事件解決に奔走する「圏内事件」のお話、そして、「聖剣エクスキャリバー」 を取得するクエストのお話、最期にアインクラッド第一層「はじまりの町」のお話です。SAO内のお話を読むと、毎回重いなと思うんですよね。生と死が隣り合わせのゲームなので読者も暗くなってしまいます。キャリバーについては、誰も死にませんから安心して読めます。あえて言うとその安心さから、物足りなさも出てしまいます。話を戻して・・・ALOの話でGGOで知り合ったシノンが弓使いでパーティを組んで一緒に行動を共にします。なかなかいいところをシノンが持っていきます。ところで、このキャリバーのお話ですが、あとがきにあるようにバッドエンディングのケースのお話が、電撃文庫MAGAZINE2011年7月号に別冊付録として掲載されています。いわゆるクラインが女性を助けなかった場合のお話です。

面白かったかと聞かれたら、まあ面白かったと答えます。先にも書きましたがSAO編は、適度なストレスを感じます。ALOのお話は、安心して読めるけどなにか物足りない。別冊は、GMも出てきてちょっと楽しいかなと思わせました。

次巻も買うかと聞かれたら買うと答えます。次から「アリシゼーション編」ですか


タグ:SAO

とある飛空士への恋歌 全五巻まとめ感想 [ライトノベル]

 とある飛空士への恋歌の感想です。第1巻~第5巻全部を読んだ感想をまとめてお送りします。

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/02/19
  • メディア: 文庫

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/07/17
  • メディア: 文庫
とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 文庫
とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/08/18
  • メディア: 文庫
とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/01/18
  • メディア: 文庫
 前作「追憶」の数年後のお話で前作の主人公はちょっとしか出てきません。ファナもほんの少し。この全五巻は、別の国の皇子が、革命で落ちぶれ、その革命の旗印の少女を憎みでも実際は恋をしてしまい、最後は大人になるというお話です。そして魔物アリーメンががが。

面白かったかと聞かれたら、まあ面白かったと答えます。主人公が彼女が敵国へ人質となるというのに相変わらす自分のことしか考えていなくて・・・・前作と主人公男女の心の葛藤がひっくり返った関係ですので余計に主人公に感情移入できなくて・・・・もちろん作者が地の文でフォロー入れていますが、ちょっとなあでしたよ。
 戦闘シーンは相変わらず圧巻でした。とくにライトノベルで仲間が死んでいくと言うのは私の手元のライトノベルではグインサーガを除いて初めてですね。2巻に登場した飛空学校の生徒の一クラスが丸ごと・・・・いやあやってくれますね。お墓にみんなで集まったときは涙がホロホロ来ますよ。ところで、この作品では彼女を奪還する作戦に出発するところで終わります。 そしてこの作品の世界の謎はまだ解明が終わっていないわけで・・・作者は、続き書くのでしょうか?「風呼びの少女が空の一族を新たな世界に導くだろう」って「新たな世界」って伏線張ってますからね。

次巻は買うかと聞かれたら買うと答えます。後2冊で追いつく。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。