So-net無料ブログ作成
検索選択

ソードアートオンライン 15 アリシゼーション・インベーティングの感想 [ライトノベル]

 何年ぶりですかね、ものすごく久しぶりに秋葉原に行ったんですよ。
びっくりすぎるぐらい変わってて、ここはどこって感じ。
(あ~あの頃が懐かしい、みんなとWinodws95発売の週末に最初の会社の同僚と並んだあの店、あの路地裏のつたない日本語の怪しい外国人が売る、怪しい何でも入りのCD-ROM。お値段1万円、でも現金前払いでCD-ROMの交換は翌日という怪しさ大爆発店・・。数年後、メイドさんがすごい勢いで増えたあの店この店。さらに数年後ふと気づくと耳かきの店。中国企業の進出、同人雑誌店舗の増殖・・・)

そして、右を見ても左を見ても、この時期のキャスター付きトランクを持つオタより、外国人がものすごく多い。どこ行っても日本語じゃなくて外国語しか聞こえない。店員もなんか日本語が変。

で、改築したラジオ会館に行ったのだが、往年の見る影もなくなってた。
つうかオタの聖地?ぽいぐらいどう見てもイケメン皆無。XXXXXX(ピー)だらけでびびった。
2階へのエスカレーターに吸い込まれる人々が、東京ビッグサイトの夏、冬のコミxXマXケットに居そうな人ばかりでぇえええ。はぁはぁ。外国人も居たんですが、今週の例のあのビッグイベントのために来日したんですかあああって風体でぇええ。おや誰か来たようだ。はぁうわなにをぢえhdf・・・・

 結局、書店が入居しててライトノベルとコミックに特化した巨大な売り場ですぐに見つけた、掲題の本を入手しましたので感想を書きます。

 


ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

  • 作者: 川原礫
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/08/09
  • メディア: 文庫
 
 
 
 
 
  前巻でアドミニストレーターに勝利して脱出しようとしたそのときに外部からの侵入者の間接的なおかげで廃人になってしまったキリトと彼の付き添いで村に帰ったアリスのお話です。しかし外部からの侵入者がまた狂ってるやつらです。そしてついにダークテリトリーから人界へ大規模襲撃がはじまろうとする寸前で、整合騎士も準備に余念がありません。アスナもキリトを追ってログインするとのことです。

 面白かったかと聞かれれば、面白かったと答えます。
次巻も買うかと聞かれれば、買うと答えます。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。