So-net無料ブログ作成
検索選択

ソードアートオンライン 14 アリシゼーション・ユナイティングの感想(ネタバレあり) [ライトノベル]

 ソードアートオンライン 第14巻 アリシゼーション・・ユナイティングの感想です。

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)

 前巻で、ユージオがアドミニストレータによって変心させられ整合騎士と成り、キリトと対決しているところからの続きです。
しかしキリトとの戦いの中でユージオが思い出しアドミニストレータと単身戦いを挑みます。またカーディナルとの再会および別れ、ユージオとも最後、永遠に別れてしまいます。最終的にキリトがアドミニストレータを叩きのめし、逃げるアドミニストレータに最後の止めをさしたのは、部下だったという落ち。そして例のSAOにも出てきたコンソール端末が登場し外界と連絡が出来たと思ったら・・・次巻に続くです。アリスは横で昏睡状態のようです。

 面白かったと聞かれた面白かったが、幼女姿のカーディナルがほとんど最後の敵に対しては、なんと無抵抗で終わるというあれな展開で、「あれ?」て思ったり。 まあまだアリシゼーション編は続くという事で、アスナの活躍?に期待ということで。
あと、帯にもあったが絶対ナル孤独が発売ですか、そうですかってSAO、AWと来て3作を同時進行大丈夫だろうかと。2作は既に記述済みだから改稿するかどうかぐらいとは言えね。人事ですが心配です。読者からしたら、他の作品遅くなったらと思うとね。 

 あ、次巻も買いますよ。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。