So-net無料ブログ作成
検索選択

ソードアートオンライン 11 アリシゼーション・ターニングの感想(小さなネタバレあるよ) [ライトノベル]

 ソードアートオンライン 11 アリシゼーション・ターニングの感想です。
ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)

 
 
 
 
 
 前半は、キリトとユージオが、北セントリア修剣学院の上級修剣士となって側使えを持ち(表紙の女子二人)、日々耐錬に勤しむ毎日を送っている場面でしたが、前巻でキリトに悪さをしたライオスとウンベールがこの女子二人を辱める行為に及びついに・・・ユージオが怒髪天になり、禁忌目録を破ってしまいます。そしてアリスのときに出たアラートコールが鳴り響き、翌日整合騎士に二人はしょっ引かれてしまうのでした・・・
 本の半ばあたりにアスナ出てきます。アスナとすれ違った男たちの一人に、なにか感じたものがあったようです。
 後半は、セントラルカセドラルの地下牢からの脱出、整合騎士との戦闘、そして「カーディナル」との邂逅と、このアンダーワールドの秘密(世界の始まりと禁忌目録ができた理由とゲームで言う最後の敵?)が語られます。秘密の話はSF的に中々興味深いです。

面白かったと聞かれたら、貴族二人の言動に不愉快な気分を読者は持ちますし、女子二人への仕打ちに重いストレスを読者は感じます。しかし後半の秘密の話は中々興味深いと感じます。果たして脱出可能なのか??む~ん、と感じます。

次巻を買うかと聞かれれば、買うと答えます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。