So-net無料ブログ作成

ソードアートオンライン 10  アリシゼーション・ランニングの感想 [ライトノベル]

 ソードアートオンライン アリシゼーション・ランニング(第10巻)の感想

 

ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)

  • 作者: 川原 礫
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2012/07/10
  • メディア: 文庫

 SAOのアリシゼーション編の2巻目、通巻10冊目です。
前半、ものすごい勢いで薀蓄が展開されます。このアリシゼーション空間のネタバレです。ネタバレと言っても怪しい部分が密かにあるようです。 絶対茅場のコピーが居そうな気がします。やばいような気が・・・・。
 さて、現実の世界でのアスナの心配を他所に、アンダーワールドのキリトは、チート技を繰り出し、頂上を目指す、そんなお話です。もちろん管理者に話をつけてログアウトするのが本当の目的ですけど・・・・。ちなみにこの10巻目を読んだ後に、9巻目を読み直したほうが良いですよ。ああ~そうだったのかと気づかされます。というか単に読者の記憶が飛んでるだけなんですけどね。

面白かったかと聞かれたら、面白かったと答えます。
次巻を買うかと聞かれたら、買うと答えます。でも次の巻は、なんか別の話ぽいですけど?プログレッシブ編とか巻末に書いてあった。 


タグ:SAO
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。